京都のおすすめスポットとグルメ情報

京都で生まれ育った京都大好き人間が、おすすめの観光スポット、穴場、グルメなど紹介しています。

京都 大将軍八神社に参拝しました

方除、厄除けとして信仰されている「大将軍八神社」

 

794年平安京遷都の際、桓武天皇の命により大将軍神を祀り国家守護、繁栄を願ったことが始まりの神社です。(当時は大将軍堂という名前でしたが応仁の乱後いくつかの社号変遷をへて大将軍八神社になりました)

 

創建以来同じ場所にて方位を司る神様として京の町を守ってくださっています。

 

新築、婚姻、旅行前等において参拝されると事が多いようです。

 

 

パワースポットとしても有名ですが個人的には静かで落ち着いた神社で又参拝したいと思いました。

 

  f:id:bx9w4hedch8:20170917142225j:plain

 

  f:id:bx9w4hedch8:20170917142156j:plain

  本殿前にある目を引く「星と八卦(はっけ)」の碑

 「乾・兌・離・震・巽・坎・艮・坤」の8文字が刻まれています。

 

 

 

 f:id:bx9w4hedch8:20170917142212j:plain

 

  f:id:bx9w4hedch8:20170917142219j:plain

 

 

 

 f:id:bx9w4hedch8:20170917142127j:plain

 

  f:id:bx9w4hedch8:20170917142134j:plain

 80体の大将軍像が安置されています。公開日は5月1~5日、11月1~5日

 拝観料 500円

 パンフレットによると公開日以外でも要相談で拝観できる日もあるようです。

 次回は問い合わせて是非中に入って大将軍像を拝見したいと思います。

 

  

  f:id:bx9w4hedch8:20170917150100j:plain

 特徴ある北斗七星のお守り 500円

 北斗七星はすべて描かれていますが干支により守護星の場所が赤くなっています。

 

 

  f:id:bx9w4hedch8:20170917142121j:plain

 御朱印 300円

 とても丁寧に力強く書いてくださいました。

 中央の八卦がありがたいです。

 

すぐ近くには北野天満宮もあります。また金閣寺仁和寺竜安寺平野神社も比較的近い位置にありますので1日バス券で効率よく回れますよ。

 

場所:京都市上京区一条通り御前西入

   市バス「北野天満宮前」「北野白梅町」下車徒歩5分程度

 

 

 

ホテル・宿予約サイト「じゃらんnet」

じゃらんnet

 

 

京都出町柳ふたば「栗餅」

ご存知出町ふたば「栗餅」

 

この季節とっても楽しみにしている「栗餅」

名代豆餅よりも私的には一押しです。

 

栗餅はやはり人気で午後からは売り切れている事もしばしば・・・

 

今日は9時過ぎと言うこと、雨降りだったので行列もあまりなくお目当ての栗餅ゲット出来ました。

 

来週のお彼岸等は3重4重の列 必至ですよ。

 

f:id:bx9w4hedch8:20170917005817j:plain

 

 

お味はよくある甘露煮の栗が乗っているものではなく、しっかり食感を残した丹波新栗が乗っています。

これが絶品です。甘さ控えめ大人な栗餅です。

今回は季節のお干菓子を添えてみました。

 

 

 

  f:id:bx9w4hedch8:20170917005824j:plain

 左:栗餅 220円 

 右:福豆大福 190円

 

  f:id:bx9w4hedch8:20170917005831j:plain

 季節のお干菓子「お月見」230円

 

場所:京阪出町柳から徒歩5分

   河原町通り沿い 枡形商店街入口付近

営業時間:8時半くらい~17時

     火曜日定休日(月1回水曜日休みあり)

 

 

 

ホテル・宿予約サイト「じゃらんnet」

じゃらんnet

 

 

京都 「ぱんだんご」食べちゃいました

可愛すぎるお団子で有名な「ぱんだの散歩」

 

住宅地の中にあり通り過ぎてしまいそうなちっちゃなお店でお姉さんが一人で営業されています。

 

f:id:bx9w4hedch8:20170916235504j:plain

 

 f:id:bx9w4hedch8:20170916235455j:plain

 

 f:id:bx9w4hedch8:20170916235425j:plain

 

カウンターだけのお店で注文を聞いてから焼き上げてくださいます。

 

立ち食いとなりますがその場で食べると温かくて柔らかくてとっても優しいお味で美味しいです。

 

私は家族用にテイクアウトもしましたが持って帰ると少し硬くなってこれはこれでモチモチ食感で美味しいですよ。

 

ぱんだんごの方にみたらしのたれを浸けると「日焼けぱんだ」出来上がり!

 

食べるの可哀そう~と思いつつ完食してしまいました。

 

 f:id:bx9w4hedch8:20170916235436j:plain

 

 f:id:bx9w4hedch8:20170916234932j:plain

みたらし 1本100円

ぱんだんご 1本150円

 

店内ではストラップ等オリジナルパンダグッツも販売されています。

 

f:id:bx9w4hedch8:20170916235418j:plain

 

営業:木、金、土曜日のみ 12時から 完売次第終了。

日曜日等はイベントとかに「散歩」して出店されているようです。

場所:大将軍交差点 東へ150m北側

近くに北野天満宮、大将軍八神社等もありますので観光の際に立ち寄られればと思います。

 

 

ホテル・宿予約サイト「じゃらんnet」

じゃらんnet

京都 上七軒ビアガーデン行ってきました。

期間限定で京都西陣花街 上七軒歌舞練場がビアガーデンになります。

 

  f:id:bx9w4hedch8:20170827015007j:plain

 風情のある上七軒の石畳み

 

  f:id:bx9w4hedch8:20170827015001j:plain

 

  f:id:bx9w4hedch8:20170827015013j:plain

 

  f:id:bx9w4hedch8:20170827015019j:plain

 玄関を入ると池にかかる橋を渡って右手の縁側席に案内されました。

 右奥が踊りの発表会が出来る舞台があるホールです。

 

 

 

京都最古の花街「上七軒」の歌舞練場で舞妓さんや芸妓さんが浴衣姿でお酌をしてくれたり 花街、芸事のお話しをして楽しませてくれます。

 

  f:id:bx9w4hedch8:20170827015025j:plain

 

  f:id:bx9w4hedch8:20170827015036j:plain

 突き出しと最初の飲み物 2,000円也

 

 

芸舞妓さんが席に来てまず千社札を模ったシールを手渡し「おたのもうします」と挨拶があります。一緒に写真も撮ってくださいますよ。

 

こんなに近くで芸舞妓さんと気楽に話せたり写真を撮れるなんて夢の様です~

 

この千社札を財布に入れておくとお金が「舞い込む」(舞妓)と縁起が良いと言われているとか・・・

早速財布に入れました。

 

  f:id:bx9w4hedch8:20170827015046j:plain

 ピンク色のが舞妓さん 紫色のが芸妓さんの千社札シール

 

 

それにしても舞妓さんのお顔が小さいこと!お肌の白いこと!

 

歴史ある建物で芸舞妓さんとのビールは格別でした。

 

予約はホームページから予約できます。私たちは20名以上の団体でしたが2か月前でお庭席(120席)いっぱいでしたよ。

 

場所:京都市上京区真盛町742

期間:7月1日~9月5

時間:17時半~22時

   入店は17時半・18時・18時半・20時・20時半より選択

 

 

 

ホテル・宿予約サイト「じゃらんnet」

じゃらんnet

京都 大雲院祇園閣 特別拝観行ってきました。

高台寺付近を散策していると気になっていた寺院「大雲院祇園閣」

普段は非公開ですが今回京都夏の特別公開でやっと拝観することが出来ました。

 

  f:id:bx9w4hedch8:20170820230008j:plain

  f:id:bx9w4hedch8:20170820230002j:plain

  f:id:bx9w4hedch8:20170820230030j:plain

 本堂前の涅槃像

 

まず阿弥陀如来坐像が安置されている本堂にお詣りして祇園閣へ

 

  f:id:bx9w4hedch8:20170820225955j:plainパンフットより

  f:id:bx9w4hedch8:20170820230023j:plain

  f:id:bx9w4hedch8:20170820230059j:plain

 鉾頭は鳳凰ではなく鶴です

 

  f:id:bx9w4hedch8:20170820230048j:plain

 祇園閣前に鎮座しています

  f:id:bx9w4hedch8:20170820230042j:plain

 

 

祇園祭の壮観さをいつも味わえるようにと祇園祭の鉾に似せた建物を建てられたそうです。

また欄干、扉、屋根とも銅製で金閣銀閣についで「銅閣」を作ろうとしていたとも言われています。

コンクリート製の建物は実際鉾にそっくりで祇園界隈で異彩を放っていて目立つ建物です。

 

 

中に入ると内部は撮影禁止が勿体ないくらいの千手観音等の壁画が鮮やかな色で壁一面に描かれていて圧巻です。

この壁画を見ながら ぐるぐる最上階まで上がっていきます。

 

最上階から見る景色は絶景です が撮影禁止です。

京都タワーや大文字等京都が一望できます。登ってきた甲斐ありですよ。

 

  f:id:bx9w4hedch8:20170820230054j:plain

 石川五右衛門織田信長、信忠公のお墓があります

 

  f:id:bx9w4hedch8:20170820230105j:plain 

入口には書置き分のみあり 御朱印300円

御朱印帳を持っていくと本堂で直に書いてくださいます。但し左半分の祇園閣の絵はなしです。

 

場所:京都市東山区祇園町南側

   京都市バス 祇園か東山安井下車 徒歩10分足らず

拝観料:600円

拝観機関:2017年9月30日まで

 

なかなか公開されないようですのでこの機会をお見逃しなく京都観光のプランに入れられては如何でしょうか。

 

 

 

ホテル・宿予約サイト「じゃらんnet」

じゃらんnet

京都 可愛い狛ウサギで有名な岡崎神社に行きました

子授け、安産、厄除けの神 東天王「岡崎神社」

 

794年平安京遷都の際に守護のため都の四方に建立された社の1つで東に鎮座することから東天王と呼ばれました。

  f:id:bx9w4hedch8:20170818204931j:plain

 

  f:id:bx9w4hedch8:20170818204938j:plain

 

また背後の紫雲山をはじめ境内一帯がウサギの生息地であったことからウサギは神の使いと言われ狛ウサギ、提灯等いたるところにウサギが配置されていますよ。

 

お守りや絵馬にもウサギが使われていてとっても可愛いですよ。

 

  f:id:bx9w4hedch8:20170818204944j:plain 狛兎

 

  f:id:bx9w4hedch8:20170818204955j:plain 向かって左の金運兎

 

  f:id:bx9w4hedch8:20170818205002j:plain 向かって右の縁結び兎

 

  f:id:bx9w4hedch8:20170818205009j:plain 

ウサギ🐇おみくじの本体が本殿前に並べられています。何とも愛らしい~

 

  f:id:bx9w4hedch8:20170818205016j:plain

 

  f:id:bx9w4hedch8:20170818205022j:plain

 

特に手水舎にある黒いウサギ像は人気があり、ウサギが多産なことから子授けの神としても信仰されています。

 

  f:id:bx9w4hedch8:20170818205059j:plain

 月を仰ぎ体に力を満たしたウサギで水を掛けてお腹をさすり祈ると子宝に恵まれるといわれています。

 

   f:id:bx9w4hedch8:20170818205028j:plain 御朱印

 

 

場所:京都市左京区岡崎東天王町51

   平安神宮から徒歩10分程度

   京都市バス 32番、203番、204番 岡崎神社前下車

拝観料:無料

 

 

 

ホテル・宿予約サイト「じゃらんnet」

じゃらんnet

 

 

京都 清水寺千日参りに行きました

京都で1番有名なくらいの清水寺

 

  f:id:bx9w4hedch8:20170817005512j:plain

 

毎年8月の9~16日は千日詣りの特別拝観が行われます。特に14~16日は千手観音菩薩との縁が強まる日として本来の千日詣りの日と言うことでお詣りに行ってきました。

 

1日詣ると千日のご利益があります。「宵詣り」をすると なんと1日のお詣りで4万6000日の功徳を頂けるそうです。

 

私は15時からの護摩木焚きも見たかったので昼間の拝観にしました。

 

案の定 二年坂産寧坂も凄い観光客・・・

しかし清水寺の境内が広いので本堂に入るのも10分程度の行列だけでした。

 

まず100円で真っ暗闇体内巡りをして特別拝観の本堂内々陣に進んでいきます。

 

  f:id:bx9w4hedch8:20170817005547j:plain

 

  f:id:bx9w4hedch8:20170817005519j:plain 本堂入口

 

内々陣では200円でロウソクを購入して願い事を書いて献灯します。ここで千日詣りの特別お札をお志で頂けますよ。私は500円納めました。

 

残念ながら今清水の舞台は修理中ですが京都タワーが見えたりする景色は必見ですよ。

 

  f:id:bx9w4hedch8:20170817005540j:plain

 

  f:id:bx9w4hedch8:20170817005527j:plain 音羽の滝

 

もう一つのお目当ての護摩木焚き。山伏たちによる迫力がある護摩木焚きは初めて見ました。

世界平和、心願成就、家内安全を願って見守りました。

 

  f:id:bx9w4hedch8:20170817005555j:plain

 

  f:id:bx9w4hedch8:20170817005601j:plain

 

  f:id:bx9w4hedch8:20170817005607j:plain

 

   f:id:bx9w4hedch8:20170817005453j:plain 千日詣りお札

 

   f:id:bx9w4hedch8:20170817005506j:plain 御朱印

 

   f:id:bx9w4hedch8:20170817005459j:plain 御朱印不動明王

                   音羽の滝前で頂けます

 

場所:京阪七条から市バス100番、206番 清水五条下車13分

拝観料:400円

 

 

 

ホテル・宿予約サイト「じゃらんnet」

じゃらんnet